ギャング・オブ・アメリカ
loading
BG
伝説のマフィア王、マイヤー・ランスキー
その男は、アメリカの《闇》そのものだった
ハーヴェイ・カイテル『レザボア・ドッグス』/サム・ワーシントン『アバター』 ギャング・オブ・アメリカ 2月4日より新宿バルト9ほか全国公開
劇場情報
BG
伝説のマフィア王、マイヤー・ランスキー
その男は、アメリカの《闇》そのものだった
ハーヴェイ・カイテル『レザボア・ドッグス』/サム・ワーシントン『アバター』 ギャング・オブ・アメリカ
2月4日より新宿バルト9ほか全国公開
劇場情報

Trailer

bg

Introduction
bg
Introduction

全米最大の犯罪組織《シンジケート》を率いアメリカの暗黒街を支配した男の人生を描くクライム・サスペンス・アクション大作!! 全米最大の犯罪組織《シンジケート》を率いアメリカの暗黒街を支配した男の人生を描くクライム・サスペンス・アクション大作!!

マイヤー・ランスキー。禁酒法時代から戦後まで、アメリカの暗黒街を牛耳った伝説のギャング。年老いたランスキーに、作家のストーンがインタビューを行う。そこで語られた、驚くべき真相とは?『ギャング・オブ・アメリカ』は、1910年代から1980年代まで、時代を行き来しながら、1人のマフィアの凄惨な人生をサスペンスフルに迫ってゆく。
 出演は、ランスキー役に『レザボア・ドッグス』の名優ハーヴェイ・カイテル。作家役に、『アバター』シリーズの新作が待たれるサム・ワーシントン。若き日のランスキーには、『オーヴァーロード』のジョン・マガロ。また、本作の監督・脚本を担当したエタン・ロッカウェイの父親であるロバート・ロッカウェイは、実際に生前のランスキーにインタビューを行ったサム・ワーシントンが演じる作家、ストーンのモデルでもある。

bg bg
自らを《ビジネスマン》と呼んだ、冷徹な組織支配者 殺し屋集団《マーダー・インク》を操る、冷血な処刑人 良き夫にして父親、そしてアメリカ史上最悪のマフィア これは半世紀を超える、血塗られた犯罪の物語である 自らを《ビジネスマン》と呼んだ、冷徹な組織支配者 殺し屋集団《マーダー・インク》を操る、冷血な処刑人 良き夫にして父親、そしてアメリカ史上最悪のマフィア これは半世紀を超える、血塗られた犯罪の物語である

bg
Story

bg

 1981年、マイアミ。作家のデヴィッド・ストーンは、伝説的マフィアであるマイヤー・ランスキーの伝記を書くことになる。出された条件は、『俺が生きているうちは、誰にも読ませるな』。そして、インタビューがはじまり、ランスキーは自らの人生を赤裸々に語りはじめる。それは、半世紀以上におよぶ、ギャングたちの壮絶な抗争の記録だった。

 貧しい幼少時代、ラッキー・ルチアーノとの出会い、そして殺し屋集団《マーダー・インク》を組織し、ついにはアル・カポネやフランク・コステロと肩を並べる存在まで上り詰め、巨万の富を築いたランスキー。

 インタビューが終わりに近づいた頃、ストーンはFBIが3億ドルともいわれるランスキーの巨額資産を捜査していることに気付く。捜査協力を強いられたストーンは、ある“決断”を下すことになる……。

Story

エタン・ロッカウェイ監督のコメント エタン・ロッカウェイ監督のコメント

犯罪の歴史と裏社会の専門知識を持つ歴史家だった父親に育てられた私は、常にマフィアの危険な生活に興味をそそられていました。社会の影で活動する独自のルールを持つ、その暗くて捉えどころのない裏社会は魅力的でした。若い頃、それは現実よりもファンタジーの世界のように見えました。一番魅了されたのは、そのキャラクターでした。彼らは、神話のキャラクターを思い出させる、邪悪な力と意志を持っていました。マイヤー・ランスキーは、夫や父親であると同時に、殺人者、愛国者、そしてアメリカ史上最大の犯罪組織の創設者でした。
父はランスキーが死ぬ直前に、彼にインタビューする機会を得ました。この複雑な男を理解するために、この映画は、彼の人生の重要な瞬間を再現し、彼の過去から老人としての現在を往来しながら、人生のさまざまな側面を描いています。人生は多くの場合、黒と白の境界が曖昧な、灰色の線で分離されています。ランスキーは、常にこの灰色の線上に住んでいたのです。映画の目的はこの男を愛したり憎んだりすることではなく、彼を理解することです。そして、多分その過程で、私たち自身についての何事かも。

エタン・ロッカウェイ監督
bg

マイヤー・ランスキー(Meyer Lansky 1902年-1983年)
bg
マイヤー・ランスキー(Meyer Lansky 1902年-1983年)

ユダヤ系ロシア人として生まれ、アメリカに移住。ニューヨークの不良グループのボスだったラッキー・ルチアーノと知り合い、犯罪の世界に入ってゆく。1920年代初期は、酒の密輸ビジネスや地下賭博場に関わり、組織の規模を拡大。1931年、ルチアーノがニューヨーク・マフィアを制すると、殺し屋集団《マーダー・インク》の設立に関わった。1934年に全米犯罪シンジケートを立ち上げ、ニューヨーク外に進出し、全米各地に次々とヤミ賭博の拠点を作ってゆく。第2次大戦中は、米国内でのドイツのスパイ工作に対抗する作戦に関与。戦後、キューバなどカリビアン諸国に進出。多くの仲間たちが逮捕される中、FBIのターゲットとなっていたが微罪以外での検挙はなく、追及を逃れ続けた。
ユダヤ人ということで、イスラエル政府に多額の資金を提供したとされている。1970年に脱税容疑を受けてイスラエルに逃亡。アメリカの圧力で帰化申請が却下され国外追放、強制送還されたが保釈された。CIAとの、密約説も噂されている。その後、マイアミの閑静な隠れ家で暮らし、1983年1月、肺癌で死去。3億ドル以上の資産を残したと言われたが、スイスの銀行口座も札束も発見されなかった。「失われた資産」は、いまだに見つかっていない。

キャスト

ハーヴェイ・カイテル(マイヤー・ランスキー)
ハーヴェイ・カイテル(マイヤー・ランスキー)
ハーヴェイ・カイテル(マイヤー・ランスキー)
1939年5月13日生まれ。ニューヨーク出身。
1965年にサム・シェパードの戯曲で舞台デビューを果たす。ニューヨーク大学の学生であったマーティン・スコセッシと知り合い、67年にスコセッシの長編映画デビュー作『ドアをノックするのは誰?』で映画デビューし、以降スコセッシとはデ・ニーロと並び常連として多くの作品に参加することになる。『タクシードライバー』(76)で売春宿のポン引き役を演じて注目を集め、91年公開の映画『バグジー』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。その後も、『レザボア・ドッグス』(91)、『天使にラブ・ソングを…』(92)などに出演し、第46回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した映画『ピアノ・レッスン』(93)や主演を務めた『ユリシーズの瞳』(95)などで高い評価を得た。近年の主な出演作に、『レッド・ドラゴン』(02)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『グランドフィナーレ』(15)、『アイリッシュマン』(19)『異端の鳥』(20)などがある。
サム・ワーシントン(デヴィッド・ストーン)
サム・ワーシントン(デヴィッド・ストーン)
サム・ワーシントン(デヴィッド・ストーン)
1976年8月2日生まれ。オーストラリア出身。
オーストラリア国立演劇学院(NIDA)を卒業後、2000年にオーストラリア映画『タップ・ドックス』(00)で映画デビュー。以降、国内のTV・映画で活躍し、04年の『15歳のダイアリー』でオーストラリア映画協会賞主演男優賞受賞。07年、ジェームズ・キャメロン監督直々の指名でSF超大作『アバター』の主演に抜擢され、一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たす。他の出演作にオスカー俳優ジェフリー・ライト監督による『マクベス ザ・ギャングスター』(07・未)、『ターミネーター4』(09)、『タイタンの戦い』(10)などがある。

スタッフ

エタン・ロッカウェイ(監督・脚本)
ニューヨーク大学のティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツを卒業後、音楽、映画、テレビの分野を網羅するクロスプラットフォームのメディア/エンタテインメント企業であるA Matter of Substanceを共同設立する。
15年『The Abandoned』(未)で監督デビューを果たし、ロサンゼルス映画祭、シカゴ国際映画祭などに正式出品された。